忍者ブログ

自然界部ろぐ

北里大学獣医学部文化会*自然界部*の活動記録

蔦沼(アリスアブ、キタオウシュウサンショウウオ)

秋空の中、蔦沼へ行きました。




アリスアブの幼虫(トゲアリスアブ?)
アリの巣の中に棲み、アリの幼虫を捕食します。


ヤブキリ
産卵管の感じが違うので、誤同定かもしれません。


ヤマアカガエル
陸上に上がったばかりのかなり小さな個体が多く見られました。

 
キタオウシュウサンショウウオ(ハコネサンショウウオの青森に棲むもの)
春に比べて数が減っています。

 
尾長や全長、水温気温などを記録します。
キタオウシュウサンショウウオは全長に対する尾長の割合がハコネサンショウウオと違います。このグループはキタオウシュウサンショウウオ、ツクバハコネサンショウウオ、シコクハコネサンショウウオなど、近年のうちに新種が出ているので今後も注目していきます。


水草の採集
水草の標本作りは他の植物標本と作製方法が違うので注意が必要。
採集した水草は未同定です。


きのこがいたるところで生えていました。すっかり秋です。

投稿、撮影:かわんちゅ

拍手[4回]

PR

Comment

無題

  • く〜
  • 2013-10-07 19:36
  • edit
人物写真の光の具合が超いい!

アリスアブ幼虫は、はじめアザラシ顔に似てるなと思いましたが…
目がアリでした(笑)
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

プロフィール

HN:
自然界部
性別:
非公開
自己紹介:
こんにちは
北里大学獣医学部文化会*自然界部*です。

植物班、動物班、野鳥班、ARIA(両/爬/昆虫/水生生物)の班に分かれ、青森県の自然を舞台に活動しています。
間違いなどがありましたら、コメントにてご指導頂ければ幸いです。

*画像はクリックで大きくなります。
 また、画像の無断転載はお断わりします。

P R

Copyright © 自然界部ろぐ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]